HOME
全国の日本酒
こだわりの本格焼酎
営業品目一覧
コンタツだより
会社案内
お問い合せ専用フォーム
サイトマップ
こだわりの焼酎
全国の日本酒
お勧めコンテンツ
過去のニュース
お問い合せ専用フォーム
こんにゃくは、サトイモ科こんにゃく属の夏緑多年生植物。土の下に直径30cmを超える大きな球状の地下茎から50cm〜2mもの高さの、茎のように見える円柱状の葉柄が1本伸びて育ちます。

しかし、花が咲くまでには約5年もかかり、栽培ものはほとんど3年玉で収穫してしまうため、咲いているのを見る機会はあまりありません。実はとってもとても時間がかかる植物だったんです。

この球茎を粉にして水を加えて練り、石灰を入れて固めたら出来上がり。食品として、皆様お馴染みの「こんにゃく」になります。

おでんや煮物など日本人には身近な食材のこんにゃく。そのルーツは定かではないものの、平安時代あたりから食されているというお話し。当時は貴族や僧侶など一部の上流階級しか食べられない贅沢食材でした。

生産量が安定して増えてきた江戸時代から庶民の口にも入るようになり、私たちの食生活に美味しい料理として広まりました。

現在では、限りなく低カロリーで良質な上に、食物繊維も含まれていることから、そのダイエット効果が注目されています。しかし、こんにゃくはこれだけではありません!
糖尿病・高脂血症を始めとする生活習慣病の予防としても人気があるんです。

こんにゃくに含まれるグルコマンナンという成分は、人間の消化酵素では消化できない食物繊維、一緒に食べたものを胃の中で包み込んで消化吸収しにくくする性質があります。
また水を吸収しやすいこんにゃくは、胃の中で膨らみ、食べた以上の満腹感が得られるのでカロリーカットも。

セラミドとは、もともと体内にある保湿成分。
皮膚の角質層で細胞同士をつなぐ役目があり、皮膚の保湿機能の改善や、外部からの刺激や細菌の侵入を防止するなど人体には欠かせない成分です。

最近の研究では、肌の老化で肌荒れやかさつきが起きている時は、患部だけでなくカラダ全体にセラミドが不足していることが確認されています。

そんな中、実はこんにゃく芋には、米ぬかや小麦粉と比べて5〜7倍ものセラミドが含まれていることが判明。
一日に必要なセラミドを摂取するためには、白米だと茶碗25杯、玄米でも10杯。でも生芋こんにゃくなら約100g=半丁分でOK。こんにゃくの魅力が再確認されています。
*コンタツ株式会社でもこんにゃくの商品をお取り扱いしております。
■資料提供
有限会社かぶら食品
http://kaburafc.co.jp/
〒370-2464 群馬県富岡市南蛇井 1482
TEL:0274(67)2661 FAX:0274(67)3177